トムラウシ・ジャージー of 関谷牧場

トムラウシ☆ジャージー

 関谷牧場では10年前から、このジャージー牛の有効活用のため、試験的に自家用肥育牛として飼育してきました。ジャージーは成長が遅く、がんばって30ヶ月ほど肥育してもせいぜい600〜700キロくらいです。(ホルスタインの体重は雌牛で800キロ、雄牛だと最大1200キロ)

 このように肉牛農家に取っては効率の悪いジャージーですが、その美味しさ(黒毛和牛にも引けを取らない)や鉄分、カロチンを多く含んでいる点に注目し、道内各地から仔牛を集め、飼育頭数を増やしてきました。

j_03.jpg 国内では、年間わずか400頭あまり、北海道では、まだほとんど生産されていない希少な牛肉ですが、これまで無駄にされて来た大切な命が少しでも有効に活用されることを願って、飼育頭数を増やして行きたいと思っています。


 そしてこの美味しいジャージーの肉を皆様にもぜひ味わって頂きたく、ジャージー牛のセット販売を始めました。当分の間通信販売のみですが、いずれはもっと普及・流通するようになればいいなと思っています。

 一般的にはまだあまり知られていない「ジャージー牛」ですが、この大自然と人情あふれる素敵なトムラウシと共に注目され、やがて有名な「松坂牛」や「神戸牛」に負けないブランドに育つことを夢見て「トムラウシ☆ジャージー」と名付けました。


LinkIcon商品のご案内はこちら